毛孔性苔癬 .comTOP  ≫ 毛孔性苔癬 とは

毛孔性苔癬 とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛孔性苔癬 とは

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは、俗に言う「サメ肌」や「アトピー」とは違います。


学名:毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)(lichen pilaris)、毛孔性角化症(もうこうせいかっかしょう)(keratosis pilaris)


若い女性の半分以上の方二の腕、頬、背中、太もも、ふくらはぎ、お尻などにあると言われています。


肌の表面に赤色茶色ブツブツができますが、痒みなどの自覚症状は通常ありません。


若い女性や肥満者に多い傾向がありますが、まれに男性にもできます。


遺伝性の皮膚疾患で、思春期を迎える頃から出始め、歳をとっていくと消え始めます。


個人差はありますが、統計的には30代半ば頃には治っていることが多いです。


しかし、遅い人は40代、50代でも消えない人もいます。






最後に、大事な部分なのでもう一度だけ言わせて下さい。


毛孔性苔癬は遺伝性の皮膚疾患です。


決して不衛生からなるものでも、他の人にうつるものでもありません。


しかし、思春期を迎える頃から出始め、年齢を重ねていくうちに自然と消えていくという厄介な特性ゆえに、現在でも毛孔性苔癬に対する世間での知名度、認知度は低く、上記のような勘違いをしている人は少なくありません。


私も過去に毛孔性苔癬に悩み、そして苦しんだ者として、こういう世間の目、周囲の目も、毛孔性苔癬で悩んでいる方々にとっては耐え難いストレスになっていることが痛いほど分かります。


だからこそ、諦めずに頑張りましょう。


ただでさえ皮膚科では積極的に治療している所が少ないのが現状です。


もはや漠然と病院に通って処方された薬を服用しているだけでは、早く完治することはできないのです。


スポンサーサイト
当サイト おすすめ!
Copyright (C) 毛孔性苔癬 .com. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。